足の指と指のあいだに出来た水虫がなかなか治らず、じゅくじゅくして、見た目も悪いので悩んでいる方があれば、両国の皮膚科で治療を受けるようにしてください。ドラッグストアに行けば、水虫によく効く市販薬が多数売られていますが、自分の症状に合ったものを使わないとなかなか治りませんし、下手をすると悪化する可能性もあります。もとの綺麗な皮膚に戻したいなら市販薬ではなく、両国の皮膚科で処方してもらえる薬で治すようにしましょう。水虫は白癬菌というカビが皮膚に発生したことで起こる皮膚の感染症のことで、かゆみや腫れ、痛みなどを伴います。

両国の皮膚科に行くと、少しだけ皮膚を採取して、顕微鏡で白癬菌の有無を確認されます。白癬菌が検査で見つかったら、主に塗り薬で治すことになりますが、頭や爪、格闘技を行う人に発生しやすい菌であった場合は、飲み薬も処方されます水虫は足だけに発生すると思っている人は多いですが、実は手や頭、顔、体、爪などにも感染するので、症状のある個所に塗り薬を塗って治します。毎日塗らなければならず、症状が落ち着いたとしても、菌が残っている可能性があるので、最低でも3か月は塗り続けるようにしてください。足の指と指のあいだにかゆみを感じると、つい水虫を疑いがちですが、実はかぶれや湿疹、あせもの場合もあります。

自己判断で市販薬を使うのはよくないので、水虫かどうかをはっきりさせたいときは、まず最初に両国の皮膚科で検査を受けることが大切です。AEDの会社のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です