医療機関で働く看護師の多くが、3交代制で昼間と夜をそれぞれ勤務する不規則な時間でのシフトが基本です。そのため、生活のリズムが狂ったり、体調を壊すケースもあります。特に結婚して家庭をもった看護師にとっては、夜勤のシフトがある総合病院での勤務は家庭との両立がしづらいため、敬遠されがちです。個人病院やクリニックでは、昼間のみの勤務が可能ですが、スタッフの人数が多い総合病院に比べると少人数のスタッフで診察しているため、求人枠自体が少ないです。

最近は、総合病院でも既婚者や小さい子どもをもっている看護師が働きやすいように夜勤のない日勤のみのシフトや短時間勤務での雇用を増やしています。夜勤のスタッフ不足を解消するために、夜勤だけを専門に勤務する夜勤専従の看護師を常勤で雇用するなどの方法を導入している病院もあります。最近は、通常の3交代勤務よりも少ない出勤数で収入を稼げる夜だけの勤務に人気があります。昼間の時間は自由に予定をいれることができるため、学校に通ってスキルアップをはかったり、家事や育児などの家庭での時間を大事にすることができます。

シフトが夜だけのため、3交代制よりも生活のリズムがある程度一定になるため、体調の管理もしやすいのがメリットです。また、日勤に比べると手当がつくため、収入もアップできるのが魅力です。夜の時間帯はどこの病院でも人材不足のため、手当や待遇が充実しているところが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です