医療現場や介護現場で働く看護師にとってネックとなるのが夜勤であり、それを避けて専門的な仕事を担いたいと考えるとクリニックや訪問看護ステーションという選択肢が基本的なものでした。入院患者がいないクリニックではほとんどの仕事を定時内に行うことができ、訪問看護では夕方の仕事はあっても泊まり込みになるということは基本的にはないからです。一方で、最近では病院や介護施設への勤務においても日勤のみという契約で仕事ができるようになってきています。特に中途採用枠においてはそういった求人募集が多い傾向にあり、転職をして日勤のみを担うようになるということが可能になっています。

これは全般的に看護師が不足していることに由来するものであり、家事や育児との両立が難しいことを理由として退職してしまう人材を現場に呼び戻す手だてとして広まっています。一方、夜勤は病院や介護施設にとって必要なものであるというのも事実であり、体力のある若手が採用できる新卒採用においては日勤のみという待遇はあまりありません。また、夜勤専従看護師の募集を行うことによって夜に働く人材の不足を補うという動きもあり、うまく仕事を分散させることによって全体として仕事に従事する看護師の絶対数を増やそうという試みがなされてきています。医療の高度化と高齢化に伴って現場での人材不足は進む一方であり、今後もこういった形での人材確保が進められていくことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です