最近、高収入を稼げる夜勤専従の求人が看護師に人気となっています。基本的には昼間の業務と仕事内容は変わらず、病棟の見まわりや介護が必要な患者さんの体勢を変えたり、眠れない患者さんに声を掛けていきます。仕事内容はそれほど変わらないのに、昼間の勤務より高収入を稼げることが夜勤専従の一番のメリットです。月に9回程度の勤務で1ヶ月30万円以上稼げる病院もありますから、昼勤務より人気となっている理由が分かります。

あくまでも目安ですが、1回の勤務で3万~4万円前後稼げます。しかも昼勤務なら月に20日ほど、夜勤なら月10回ほどで30万円以上稼げるわけです。ただ、メリットばかりではなく、既婚者の看護師の場合、家族と一緒に夕食をとれない、独身の方も飲み会やデートなど日を調整するのが難しい、体調を崩しやすいといったデメリットもあります。ですから、夜勤専従は体力に自信のある方や自己管理ができる方が向いています。

また、貯金をするために一年や2年集中して働く看護師も多く、体調管理のためにも期間を決めて働いている方もいるようです。また、今は託児所を設けている病院が多いので、シングルマザーの方も多数活躍されています。仕事が終われば買い物をして帰宅できるなど、勤務スタイルに慣れるとそれほどきついと感じることもないでしょう。昼勤務だと行きたいところに行けませんし、用事などすぐに済ますことは出来ませんが、明けなら昼間は自由に行動できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です