夜間に働くということは一般的にはあまり好まれないものであるものの、それ故にどのような業界であっても時給が高いということが言えます。それは医療や福祉の業界においても同様のことを言うことができ、夜勤については相応の手当が支給されるのが一般的です。しかし、日勤と夜勤をこなすことは身体のリズムを変更しなければならないため負担が大きいというデメリットもあります。そのため、夜勤を専門として仕事に従事する人材が確保されるようになってきています。

看護師として働く際にもそういった選択をすることが可能であり、常勤でも非常勤でも多数の募集がなされています。その最大のメリットは給料が高いということであり、日勤を選ぶよりも効率的にお金を稼いでいくことができます。それに加えて夜間においては一般的には仕事の量が少なくて済むことから日中は慌ただしい現場においても落ち着いた時間を過ごすことができるというメリットもあります。そういった観点から夜勤専従看護師の仕事は日勤の仕事と並んで人気があり、うまくバランスが取れることによって病院や介護施設が上手に機能するようになってきています。

実際には常勤の看護師よりも派遣看護師によって担われることが多い状況があります。運営している側としてはいつ人材が不足するかわからないという不安もあるものの、派遣看護師を利用することによって必要時に速やかに人員の補充が行いやすいことからうまく運営ができてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です