手外科ときいても、知らない人がほとんどでわないでしょうか。手外科は、肩、肘、指先、までの腕全体のこと専門とし腱鞘炎、手のしびれや筋力低下をきたす、末梢神経障害、テニス肘、骨折や手の外傷、ガングリオンをはじめとする腫瘍性疾患、リュウマチなどがあります。手外科の病気お種類について、爪かんせん爪の表面のスジ状の変形や、それに伴う先端のかけで始まり、次第に全体に変形していきます。イボ、イボはタコと間違われることがあります。

爪のまわりにも出来やすく、爪を噛むくせなども関係していると言われています。冷凍凝固や電気凝固ほうにより治療します。手根管症候群、主な症状は親指から薬指にかけてのしびれです。そして、薬指のしびれは、親指側の半分に限局して、小指側の半分と小指自体にはみられません。

症状が進行すると、痛みやしびれで目が覚めることがあります。原因は正中神経と呼ばれる神経が、てくびの付け根の手根骨と呼ばれる複数の骨が集まって出来るアーチ状のへこみ、そしてその上を覆うじんたいの蓋によって構成されます。指尖損傷、指先というのは、けがをしやすい場所です。スライサーで指のかわを落としたり、ドアに挟んだり、ナイフできったり、指の切り傷は深さや場所によって、処置の方法がずいぶん違います。

指には骨や関節を始めとして、曲げるための屈伸腱、指を伸ばすための伸筋腱がそれぞれ指の腹側と背中側にあり、これらの腱が切れると指のうごきは障害されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です