火傷は非常に身近なけがであり、いつ起こっても不思議ではありません。小さな火傷であれば家庭内で治療してもよいですが、重度となるとより専門の治療が必要になってきます。火傷治療にはどの程度重症化が大きくかかわってきます。特に皮膚表層の場合の火傷治療は冷却し、保護しておけば徐々に改善していきます。

それは皮膚自体に自己再生機能が備わっているからです。皮膚は非常に熱を持っており、火傷の熱が収まっての再生の過程で炎症が出てしまいます。炎症の中には熱も含まれているため、フタタr微熱がこもってしまうと状態としてよくありません。そのためしっかりと冷却する必要があります。

またその際にガーゼなどで保護し、定期的に交換する必要があります。皮膚自体に外部からの感染を防ぐ働きがあり、火傷のため皮膚に分が表出してしまうと感染症を引き起こす可能性が高まります。そのことからもガーゼなどで保護しておかなくてはなりません。また保護しているガーゼ事態も徐々に菌が付着したり状態が悪くなってしまうため交換しないとそれがきっかけで感染症を起こしかねません。

しかしあまりに深部までいくとその部分の皮膚の自己再生は難しくなってしまいます。そのため別の部分の皮膚を移植する必要が出てきます。火傷治療には様々な方法がありますが、火傷の状態に応じて選択していくことが大切です。そして何より専門機関に受診してどの程度なのか、どんな治療が良いのかのアドバイスをもらうことも大切と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です