レンタルでAEDを設置することを決めた場合に注意すべき点は期間です。月々の料金は長期の方がお得になり、短期になると割高です。同じレンタルなのだから差はないだろうと考える人が多いのですが、実は長期の契約にするだけで月々の料金はかなり安く抑えることができますので、長期と短期の契約で見比べてみましょう。もちろん用途に合わせなければなりませんので、限られた期間しか利用しないのであれば短期の契約で済ませることになりますが、いつまで利用するのか分からないが当分は設置し続けることになるだろうという場合には、最初から長期の契約にした方がお得です。

万が一短期の契約を結んでしまって長く借りることになると、コスト面の負担が重くなる可能性があります。意外と忘れがちなのが消耗品の交換です。AEDを使う場合には消耗品があり、電極パッドやバッテリーは交換しなければなりません。電極パッドの方は使い捨てとなっており、バッテリーも期限や容量が決められています。

これらの費用はレンタル料金に含まれていることも多いのですが、別途請求されるケースもあるため、どのような取り扱いになっているのかの確認が必要です。最初にAEDの契約を結ぶ時には、詳細まできちんと内容をチェックすることが求められます。レスキューセットがつくのか、持ち運び用のケーズはセットになっているか、支払方法に問題はないか、新品と中古のどちらをレンタルできるのか等がポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です