AEDは、心臓がけいれんをおこして血液を流すポンプの機能を失ってしまった心臓に対して電気ショックを与えることで心臓の機能を回復させる医療機器になります。AEDの動作は、一般の方でも使用することができるようになっているので、突然心臓発作などを引き起こした方がいた場合、AEDを使用して人命救助することができます。AEDは、街中さまざまなところに設置されていて、導入している施設は多いです。AEDはリースとレンタル・一括購入方法があります。

レンタルの場合は、予算が立てやすく経費の処理なども簡単なのでレンタルで導入される施設が多いです。レンタル業者によってサービスの内容が変わってきます。異常発生時にセンターから連絡が入るサービスや数ヶ月に1度定期点検をおこなっている業者などもあります。期間はメーカーの保証期間に合わせて貸し出す期間が5年ほどの業者が多いです。

契約内容がさまざまあるので機種や契約内容・かかる費用などを考えて検討すると良いです。リースの場合は、基本的には商品の購入金額をユーザーが決めてそのうえでリース会社がリース料率を上乗せして毎月の代金が決まるシステムになっています。動産総合保険が付いているケースが多いので、天災や盗難に関して補償されています。レンタルやリースで導入すると、一括で購入する場合よりも費用がかかりますが、補償が付いていたり、定期点検のサービスが付いているので、安心して導入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です