さまざまな重機や機械を使う工事現場では、何か起こったときにすぐ手当をしたり救急車を手配しなければなりません。心肺停止してしまった場合はAEDが必要ですが、常設されている場所の近くで工事が行われるとは限らず、山奥や田舎で工事が行われることもあります。万が一のことを考えてAEDを設置する場合、レンタルすることがおすすめです。購入する手もありますが、その都度切歯しなければならなかったり、付属品がダメになったら追加購入したりしなければなりません。

しかし、レンタルならパッドやバッテリーの交換は料金に含まれているため、工事のたびに毎回レンタルする必要のない場合はお得になります。AEDのレンタル期間はいくつかのプランの中から選ぶことができますが、工事現場は予定通りにいかないことも多く、前後してしまうことがあります。予定よりも早く終わった場合は期日に返却すれば問題ありませんが、伸びてしまった場合は企業に連絡しましょう。AEDのレンタルを行っている企業の多くはそのことを想定しており、期日に返却できない場合は連絡すれば伸ばすことが可能です。

その場合、料金は返却後に請求されます。AEDは定期的に点検する必要がありますが、一部の企業ではリモートで点検方法を説明してくれるため、知識のない方でも安全に点検作業を行うことができます。パッドは救命時に開封した場合は交換が無料になりますが、誤って開けてしまった場合は有料なので中止が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です