近年日本で普及しているのがAEDであり、レンタルやリースも増えていて購入とは違い初期費用や維持費を抑えられるなど、あらゆる特徴があります。ニーズに合わせて最適な導入方法と適した種類を選ぶのはもちろん、信頼できる会社を選んで借りることもポイントとなってきます。AEDをレンタルするとなれば気になるのは、料金はどの程度かという点ではないでしょうか。契約先により異なる点も多いですが、イベント開催時など本当に短期間で数日のみ借りたい場合には、それほど料金には大きな差は生まれないので選べる種類がニーズに合うのかで判断するようにしましょう。

基本的にはAEDのレンタルは消耗品などの諸費用も含んでいることが多いですが、付帯サービスに関してはそれぞれ違いがあるので契約時には必ず内容を細かく確認しておく必要があります。期間が長めのレンタルの場合には、消耗品が期限近くになると送られてくるサービスを実施しているところも増えています。数日のAEDのレンタルなら無関係ですが、ある程度の期間借りる場合にはAEDの点検を定期的に行ってくれるのかチェックしておくようにしましょう。購入に比べると借りる場合は予算も立てやすくなり、経費処理も簡単なので近年では需要を高めています。

いざという時に医療従事者が近くにいなくても一般市民でも理解できる使いやすさになっていて、音声によるガイドもあるので役立つ存在になることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です