甲状腺といえば新陳代謝に関わるホルモンを出す喉仏のあたりの腺、という知識はあるかもしれません。ただ、甲状腺がんとなると話は違ってきます。甲状腺のがん検診では、どのような検査が行われているのでしょうか。まず、甲状腺がんの種類には、乳頭がん・濾胞がん・髄様がん・未分化がん・悪性リンパ腫といったがんがあります。

このうち、甲状腺がん患者の90%を占めるのが乳頭がんです。乳頭がんは中年の女性に多く、進行は比較的緩やかなものの、他の場所にリンパ節転移しやすいがんです。甲状腺のがん検診では、血液検査で腫瘍マーカーと甲状腺ホルモンを調べるほか、超音波検査・CT検査・MRI検査も行われます。血液検査で異常値が出たとしても、必ずがんがあるという訳ではありません。

また、他の臓器のがんの影響で数値が異常になることもあります。なので、血液検査はあくまで甲状腺のがん検診では補助的な役割で使われます。甲状腺がんで最も重視するのは、超音波検査です。超音波を体に当てて、それを外部モニターで画像化することで異常を発見出来ます。

甲状腺は皮膚のすぐ下にある器官なので、超音波検査の画像に写りやすく、観察しやすいと言われています。また、超音波を使った検査方法は放射線を使った検査方法と違い、被曝のリスクが少なく済むのでオススメです。さらに広がり具合や他の場所への転移の心配があるときにはCTやMRIの検査も併せて行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です