がん検診を受けることには、もちろんメリットもデメリットもあります。まず、受診の最大のメリットは、何といってもがん検診を受けたおかげで早期発見ができ、がんで死亡するリスクを回避できるかも知れない点です。検診は自覚症状の無い時期に受けるものですから、見つかっても軽い早期がんで、直る可能性が高いと言うことになります。また、がんになる前の前がん病変が見つかることがあります。

代表的なのが大腸がんの大腸ポリープです。このポリープを取り除くことで、がんを予防できることになります。さらにもう一つ大きなメリットとして、がん検診を受けて、異常なし、と言われると安心すると言うこともあります。では逆にデメリットは何でしょうか。

最大のものは検診を受ければ100%がんが見つかる、というわけにはいかない事です。がんの種類や場所、検査の正確性などに依って、見つからないものもあります。また、再検査の必要あり、と結果が出た時には、同じ種類の検査をもう一度したり、追加の検査をしたりしますが、これは心身共に大きな負担となる場合があります。再度の結果が出るまで不安な心情を抱えていることになりますし、結果的に異常がなかった場合には、不必要で負担のかかる検査を受けさせられた、ということにもなるでしょう。

また、再検査の胃カメラで胃が傷ついた、というような例も全くないわけではありません。このようなことも十分に知ったうえで、がん検診を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です