両国にある整形外科では、腰や膝などをはじめとした関節痛や手足のしびれ、骨折など多岐にわたる症状の診察が受けられます。両国の整形外科では骨や筋肉、靭帯などの運動器の障害を治療しますが、これらの運動器が傷ついてしまうと毎日の仕事に支障をきたしたり、スポーツをしている人では運動が出来なくなってしまうので、早めに診察を受けて改善を目指しましょう。両国駅の近くの整形外科は、最新の治療法で運動器の障害や病気に対処出来ることが魅力です。例えば、PRP療法という治療法は靭帯や腱、筋に炎症が起きている人に向いている方法で、患者さん自身の血液から血小板を濃縮した液体を作り、それを使って患者さんの自己治癒能力を高めて痛みを抑え傷の完治を目指すのが特徴となっています。

PRP療法はテニス肘やジャンパー膝、肉離れなどに適していますが、ステロイド注射よりも副作用が少なくて安心というメリットがあるため、注目されている治療法です。両国エリアの整形外科では、日常的に誰もが起こす可能性があるぎっくり腰やひどい肩こりの相談も出来るので活用すると良いでしょう。ぎっくり腰が起こってしまった患者さんには症状の強さに応じてコルセットでの固定、局所注射などでの治療が提案されます。また、肩こりが慢性的に起こっており、マッサージによく行っているが改善しないという人は、両国の整形外科でボトックス注射による肩こり治療が受けられるため、試してみてはいかがでしょうか。

この治療法なら注射を打つだけという短時間の治療で3~4カ月肩こりを抑えられるので、デスクワークが多い人には便利と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です