どれだけ安全運転を心がけていたとしても、突然車やバイクに追突されることはあるので、両国でそんな目に遭ったら整形外科に行きましょう。怪我をしていないと放置しがちですが、むちうちの場合は、事故の直後は何ともなくても、数日たってからズキズキしたり、痺れを感じることがあるので、検査を受けるようにしてください。むちうちの症状がある人が、両国の整形外科で検査を受けても、レントゲンなどの画像検査には写らないことがあります。お医者さんはそれをわかっているので、何も写らないので何もしないということはありません。

治療前にレントゲンやMRIなどの検査を行い、むちうち以外に骨に異常はないかを確認してから、実際の治療に移ります。どのような治療法でむちうちに対処するのかというのは、患者さんの状態によって変わるので、両国の整形外科に行ったら、お医者さんを信じて任せるようにしてください。通常は消炎鎮痛剤などの薬による治療や、リハビリなどの理学療法を行いますが、西洋医学だけでなく、東洋医学の漢方薬も取り入れているクリニックもあります。漢方薬は副作用が少なく、体に優しく作用して、自己治癒力を高める効果があるので、西洋医学と組み合わせれば、治りを早めることが出来るでしょう。

痛みや痺れがなくなるまでには時間がかかることがあるので、むちうちの症状を治したいときは、気長に通院することが大切です。途中でやめると、また痛くなることがあるので、焦らずに続けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です